渡部恒三氏が死去、88歳=元衆院副議長

社会 政治・外交

厚相や通産相、民主党最高顧問などを務めた渡部恒三(わたなべ・こうぞう)元衆院副議長が23日午前2時8分、福島県会津若松市内の病院で死去した。関係者によると、老衰のため。88歳だった。同県出身。2012年の衆院選に出馬せず、現役を引退した後も「政界のご意見番」として発信を続けた。告別式は近親者のみで行い、後日お別れの会を開く。

福島県議を経て、1969年の衆院選に旧福島2区から無所属で出馬。初当選を果たし自民党に追加公認された。連続当選14回。93年に自民党を離れ、新生党、新進党の旗揚げに参画。96年から務めた衆院副議長の在職日数は過去最長の2498日に達した。05年に民主党入りし、重鎮として存在感を放った。

自民党では田中派、竹下派に所属。当選同期の小沢一郎衆院議員らと竹下派「七奉行」に名を連ね、党国対委員長や自治相などの要職を歴任。竹下派分裂後も小沢氏と行動を共にしたが、新進党解党を機にたもとを分かった。

渡部恒三元衆院副議長渡部恒三元衆院副議長

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 訃報 社会 政党 日本