武田が大衆薬事業譲渡=米投資会社に、2400億円

経済・ビジネス

武田薬品工業は24日、栄養ドリンク「アリナミン」など国内で大衆薬事業を手掛ける子会社を、米大手投資会社のブラックストーン・グループに売却すると発表した。売却額は2420億円程度。昨年のアイルランド製薬大手シャイアー買収で膨らんだ有利子負債を圧縮し、中核事業とするがん、消化器系疾患などの創薬に経営資源を集中する。

売却するのは武田コンシューマーヘルスケア(武田CH、東京)。企業価値の算定額を基本に、資本や負債の調整を行った上で価格を確定させる。約1400億円の株式売却益を見込んでおり、実行日は来年3月末。社名から「武田」はなくなる。アリナミンなど既存のブランドは、売却後も継続する予定だ。

オンラインで記者会見した武田薬品のクリストフ・ウェバー社長は「事業を将来的にどう成長させるか、検討しないといけない」と指摘。拠点や研究開発への大規模な投資が必要になるが、武田が中核事業に集中する中で「投資を行うのが難しくなった」と説明した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収 日本 東京都 米国