生活困窮者向け賃貸会社告発=8900万円脱税容疑―東京国税局

社会

生活保護受給者らから受け取ったアパートの家賃収入を少なく見せ掛け、法人税計約8900万円を脱税したとして、東京国税局が法人税法違反容疑で、東京都江戸川区の不動産賃貸会社「アップルハウス」など4社と三ツ木利光社長(68)を東京地検に告発したことが25日、関係者への取材で分かった。

他に告発されたのは、関連会社の「ビックワールド」(葛飾区)と「ゲストハウス」(小金井市)、「アップルハウス」(杉並区)。いずれも三ツ木社長が経営し、都内のアパート計13棟を管理している。

関係者によると、三ツ木社長は税理士事務所の事務員に指示し、虚偽の決算書を作成。2016~19年に計約3億9800万円の所得を隠し、法人税計約8900万円を脱税した疑いが持たれている。

アップルハウスは、路上生活者らに声を掛け、管理するアパートに住まわせた上で、生活保護を受けさせ家賃収入を得ていた。管理する13棟には計540室ほどがあり、常時ほぼ満室状態だったが、期末に収入の一部を除外し、所得を圧縮していたという。隠した金は事業資金などに充てられたほか、社長名義の口座に保管されていた。

三ツ木社長は取材に対し、「今年3月に修正申告と納付を済ませた。違法性の認識が甘かったと反省している」とコメントした。

脱税容疑で告発された不動産賃貸会社「アップルハウス」が管理する生活困窮者向けアパート=24日午前、東京都江戸川区脱税容疑で告発された不動産賃貸会社「アップルハウス」が管理する生活困窮者向けアパート=24日午前、東京都江戸川区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 日本