愛知知事リコールで署名開始=「不自由展」問題視―高須氏ら

政治・外交

昨年の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」をめぐる大村秀章愛知県知事の対応を問題視し、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長が代表を務める政治団体が25日、知事の解職請求(リコール)に向け署名活動を開始した。

高須氏は、昭和天皇の肖像を使った創作物を燃やす映像作品などの展示に公費が支出されたことを問題視。芸術祭の実行委員会会長を務めた大村氏を批判している。高須氏は名古屋市内で記者団に「県民の税金を県民が喜ばないことに使っている。民主主義の根幹を揺るがす問題だ」と強調した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 行政一般(政治欄向け) 日本