33府県でプレミアム食事券=「GoTo」、JTBなど決定―農水省

政治・外交 経済・ビジネス

農林水産省は25日、新型コロナウイルスの感染拡大で客足が落ち込んでいる飲食店への支援策「Go To イート」キャンペーンについて、プレミアム付き食事券の発行業務が大手旅行会社JTBなど計35事業体に決まったと発表した。地域限定で購入代金の25%分を上乗せして飲食できる食事券は、大阪や愛知など33府県で9月以降、順次利用できる見通し。

食事券は主に府県ごとに発行。1次公募で決まった事業体はJTB、日本旅行(東京)など民間企業と各地の商工会議所の組み合わせが多い。応募が間に合わないなどを理由に、今回、東京や北海道、沖縄など14都道県は含まれていない。農水省は来月にも2次公募を実施する予定。

食事券とは別に、予約サイトを通じて来店した客に1人当たり最大1000円分のポイントも付与する。全国店舗が対象のポイント付与では「ぐるなび」「食べログ」などサイトを運営する13事業者が選ばれた。都道府県をまたぐ移動を促す可能性があるため、開始時期は未定。

農水省はキャンペーン開始に先立ち、自治体に感染状況などを聞き取った上、政府の新型コロナに関する分科会に意見を求める。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 農林水産政策 観光 観光政策 その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本 東京都