Jリーグ、DAZNと契約2年延長=総額は2239億円に

スポーツ

Jリーグは25日、動画配信「DAZN」とオンラインで共同会見を開き、2017年から結んでいる10年間で約2100億円の放映権契約をさらに2年延長し、28年までの12年間で総額2239億円とする契約で合意したと発表した。

今季は新型コロナウイルスの世界的流行で試合が予定通り実施されず、JリーグとDAZNは収入面で打撃を受けた。会見したJリーグの村井満チェアマンは契約延長について、「(コロナの影響で)失われる可能性のある直近2年間を延長し、Jリーグが世界のリーグに肩を並べる準備を整える」と述べた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ 日本