米で和解金100億円=タカタ製エアバッグ問題―ホンダ

経済・ビジネス 社会

【ニューヨーク時事】タカタ製エアバッグの欠陥問題で、ホンダは25日、車の安全上の問題を隠した疑いがあるなどとして同社を民事提訴した米国の46州や首都ワシントンなどの司法当局と和解したと明らかにした。総額約9600万ドル(約100億円)の和解金を支払う。ただ、ホンダは、不正行為については否定している。

46州などは2016年以降、車に搭載されたエアバッグが破裂する危険性を隠したり、事故後の適切な対応を怠ったりしたとしてホンダを提訴。安全上の問題によって車の価値が低下したことなどに対し損害賠償を求めていた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 情報開示 裁判 社会 販売・価格改定・販促・見本市など 消費者対策 その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本 米国