国際クルーズターミナル開業へ=コロナで寄港予定なし―東京

政治・外交

東京都は26日、9月10日に開業する東京国際クルーズターミナル(江東区)を記者団に公開した。ただ、新型コロナウイルスの影響で客船が寄港する予定は立っていない。

船の大型化により、レインボーブリッジ(港区)をくぐり抜けられず、既存の晴海客船ターミナル(中央区)に立ち寄れない事例が増えていたため、より海側にターミナルを建設した。岸壁の長さは430メートルで、クルーズ船としては最大級の22万トン相当まで受け入れ可能。ターミナルビルは鉄骨造り4階建てで、延べ床面積は約1万9000平方メートル。

2015年に着工し、今年6月に完成した。五輪開幕に合わせ7月に開業する予定だったが、コロナの影響で延期していた。整備費は約390億円。

報道公開された東京国際クルーズターミナル=26日午後、東京都江東区報道公開された東京国際クルーズターミナル=26日午後、東京都江東区

公開された東京国際クルーズターミナルと停泊中の「にっぽん丸」=26日午後、東京都江東区公開された東京国際クルーズターミナルと停泊中の「にっぽん丸」=26日午後、東京都江東区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 観光 観光政策 運輸政策 日本 東京都