リクルート、純利益6割減=飲食や求人落ち込む―20年4~6月期

経済・ビジネス

リクルートホールディングスが26日発表した2020年4~6月期連結純利益(国際会計基準)は前年同期比62.4%減の223億2300万円だった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、飲食や旅行などの営業支援や求人広告の売り上げが落ち込んだ。

売上高に相当する売上収益は20.0%減の4754億円。国内外で手掛ける有料求人広告は、先行き不透明感から海外でも採用活動を控える動きが広がり、求人サイト「インディード」などへの出稿が大幅に減った。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 日本