7月の国内生産、21.0%減=コロナ禍から回復基調―自動車大手8社

経済・ビジネス

自動車大手8社が28日発表した7月の国内生産台数は、前年同月比21.0%減の計67万4057台だった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で大幅なマイナスが続いているが、下げ幅は6月の36.4%から縮小。コロナ禍に伴う操業停止や生産調整がほぼ解消され、回復基調をたどっている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 生産 日本