次期政権に政策の継続期待=安倍首相の実績評価―経済界

経済・ビジネス

経済再生や成長戦略の実行に政権とともに取り組んできた経済界からは、経済政策「アベノミクス」や外交など安倍晋三首相の実績を評価するとともに、次期政権に対し政策の継続を求める声が相次いだ。

経団連の中西宏明会長は首相の積極的な外交により、「わが国の国際的な存在感が著しく向上」したと評価。日本商工会議所の三村明夫会頭は「経済再生、デフレ脱却実現に至る大きな道筋を付けた」点を功績に挙げた。

次期政権に関して中西会長は、新型コロナウイルス感染症対応と経済回復の両立などの重要課題に対応するため、「速やかに後継総理が選出され、政策を継続的かつ強力に進めることを期待する」と要望。経済同友会の桜田謙悟代表幹事は「感染症克服という課題に的確に対処し、新常態の経済社会を築かなければならない」と指摘した。

他の大手企業トップからも、「経済成長重視、雇用重視の政策が引き継がれることを期待する」(御手洗冨士夫キヤノン社長)、「経済成長についてウィズコロナ時代を踏まえた適切な政策を講じてほしい」(車谷暢昭東芝社長)などと、成長重視の政策が続くことへの期待が聞かれた。

一方、記者会見した連合の神津里季生会長は、長時間労働の是正など安倍首相が進めた働き方改革を評価する一方、「政治・政策の透明性、公正さに疑問があったのは事実」と述べ、行き過ぎた官邸主導が政権のマイナス面だったとの認識を示した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経済団体 日本