岩手台風10号被害から4年=9人犠牲施設、職員ら追悼

社会 暮らし

岩手県と北海道で大きな被害が出た2016年の台風10号による豪雨災害は、30日で発生から4年を迎えた。入所者9人全員が犠牲となった同県岩泉町の高齢者グループホーム「楽ん楽ん」の跡地には祭壇が設けられ、施設を運営していた医療法人「緑川会」の職員らが犠牲者を追悼した。

同会の佐藤弘明常務理事(57)は黙とう後、「(災害発生の)翌日朝の光景が、4年たっても頭の片隅から離れない。亡くなった方のことを思うと、申し訳ない気持ちでいっぱいだ」と心境を明かし、「今後このような災害で多くの犠牲者が出ないよう、情報発信していきたい」と語った。

町主催の慰霊式は昨年で終了。運営法人が昨年まで開催していた追悼式も新型コロナウイルス感染拡大の影響で見送られ、職員らが各自で追悼した。来年以降の追悼式は、新型コロナの状況を見ながら検討するという。

台風10号では関連死を含め、岩泉町で25人が死亡した。

入所者9人が犠牲になった高齢者グループホームの跡地で、犠牲者を追悼する医療法人「緑川会」の佐藤弘明常務理事=30日午前、岩手県岩泉町入所者9人が犠牲になった高齢者グループホームの跡地で、犠牲者を追悼する医療法人「緑川会」の佐藤弘明常務理事=30日午前、岩手県岩泉町

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 災害 暮らし 社会 日本 北海道 東北 岩手県