河井案里議員秘書、二審も懲役刑=運動員買収―広島高裁

社会

昨年7月の参院選で初当選した参院議員河井案里被告(46)=自民離党、別事件で起訴=陣営の車上運動員に法定上限を超える報酬を支払ったとして、公選法違反(買収)罪に問われた案里被告の公設第2秘書立道浩被告(54)の控訴審判決が31日、広島高裁であった。多和田隆史裁判長は懲役1年6月、執行猶予5年とした一審広島地裁判決を支持し、被告側控訴を棄却した。

弁護人は判決後、最高裁への上告を検討する意向を明らかにした。立道被告の禁錮以上の有罪が確定すれば、検察側は連座制適用を求める行政訴訟を起こす方針で、案里被告の失職の可能性はさらに高まった。

多和田裁判長は、選挙事務所の遊説責任者として、立道被告が違法な報酬の支払いを前提とした遊説活動に積極関与したとした一審判決について、「不合理な点はない」と指摘。会計担当者への違法報酬支払いの指示についても、「自己の意思で主体的に行動していた」と述べた。

弁護側は従属的な立場だったと訴え、連座制の適用対象外となる罰金刑を求めたが、多和田裁判長は「犯情は軽視できず、罰金刑が相当とは到底認められない」と退けた。

判決によると、立道被告は昨年7月、ウグイス嬢と呼ばれる車上運動員14人に、法定上限(日当1万5000円)を超える報酬計204万円を支払った。

案里被告は、地元首長や県議らに票の取りまとめを依頼、現金を提供したなどとして同法違反(買収、事前運動)罪に問われ、公判で無罪を主張している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 社会 日本