金融行政、英語化推進=コロナ対応で規制緩和―金融庁が方針発表

政治・外交 暮らし

金融庁は31日、2020年度の重点施策をまとめた「金融行政方針」を正式発表した。許認可や検査・監督を英語で行うなど金融行政の国際化を推進。新型コロナウイルスの感染拡大で社会構造が変わる中、地方経済再生に向け銀行の規制緩和にも踏み切る。

金融行政方針は、検査や市場育成など金融庁が今後1年で取り組む重点施策を盛り込んだもの。日本の金融資本市場の国際的な存在感を高めるため、海外人材の受け入れを容易にする税制措置も検討し、外国金融機関の進出を促す。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 金融政策 税制 暮らし 独占禁止政策 日本