自民総裁選、党員投票見送り=異論続出、執行部押し切る―菅氏、2日に出馬会見

政治・外交

自民党は1日の総務会で、安倍晋三首相(党総裁)の辞任表明に伴う総裁選の実施方式について、党員投票を省略して両院議員総会で選出することを決めた。出席者から異論が相次いだが、執行部が押し切った。一方、菅義偉官房長官(71)は2日夕に記者会見し、立候補を表明する。

自民党の二階俊博幹事長は総務会に先立つ記者会見で、「一日も早く後継総裁を決めることが必要だ」と述べた。総務会では「両院議員総会でも正統性はあるのか」などの意見が続出した。

総裁選は原則、党員投票を実施するが、党則6条は緊急時の対応として、国会議員と都道府県連代表が「党大会に代わる両院議員総会」で投票し、選出できると定めている。

執行部は、新政権による速やかな新型コロナウイルス対応を理由に、この規定を適用した。ただ、党内には党員投票の実施を求める意見が高まっていた。

総裁選は9月8日告示、同14日投開票の日程で行う方針で、2日の総裁選挙管理委員会で正式決定する。

菅氏をめぐっては、細田派(98人)、麻生派(54人)、二階派(47人)に加え、菅氏に近い無派閥議員グループ(約20人)などが支持。国会議員394票の過半数を固め、優位に立っている。

岸田文雄政調会長(63)、石破茂元幹事長(63)も立候補を予定している。

菅氏は1日午前、東京都内で自民党の森山裕国対委員長、林幹雄幹事長代理と会談し、今後の政治日程を協議。16日に臨時国会を召集し、首相指名選挙を実施する方向で調整することを確認した。

首相官邸に入る菅義偉官房長官(中央)=1日午前、東京・永田町首相官邸に入る菅義偉官房長官(中央)=1日午前、東京・永田町

自民党総務会に臨む(左から)下村博文選対委員長、鈴木俊一総務会長、二階俊博幹事長、岸田文雄政調会長ら=1日午前、東京・永田町の同党本部自民党総務会に臨む(左から)下村博文選対委員長、鈴木俊一総務会長、二階俊博幹事長、岸田文雄政調会長ら=1日午前、東京・永田町の同党本部

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政局 政党 日本