自民総裁選、菅氏選出の流れ=岸田、石破両氏が出馬表明―党員投票せず

政治・外交

安倍晋三首相の後継を決める自民党総裁選で、菅義偉官房長官(71)は2日夕に記者会見し、立候補する考えを明らかにする。最大派閥の細田派(98人)など5派が軒並み支持。国会議員票で圧倒し、新総裁に選出される流れが強まっている。岸田文雄政調会長(63)、石破茂元幹事長(63)は1日、出馬を表明した。

河野太郎防衛相は1日、所属する麻生派(54人)総会後、記者団に「今回は出馬しない」と表明。総裁選は3人が争う構図が固まった。

自民党は1日の総務会で、党員投票を省く両院議員総会での総裁選とすることを決定。異論が出されたが執行部が押し切った。国会議員票(394票)と都道府県連代表票(141票)を争う。独自の党員投票を実施する県連もあり、菅氏が地方票でも支持を広げるか、岸田、石破両氏が巻き返すかが焦点となりそうだ。

「ポスト安倍」の3氏。(写真左から)定例会見に臨む菅義偉官房長官、総裁選出馬を表明した石破茂元幹事長と岸田文雄政調会長=1日、東京都内「ポスト安倍」の3氏。(写真左から)定例会見に臨む菅義偉官房長官、総裁選出馬を表明した石破茂元幹事長と岸田文雄政調会長=1日、東京都内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 選挙 政党 日本