8月の海面水温、過去最高=台風強いまま日本接近の恐れ―気象庁

社会

気象庁は1日、日本の南にある海域の8月の平均海面水温が、記録が残る1982年以降で最も高くなったと発表した。9月も高い状態が続く見通しで、同庁は台風の勢力が強いまま接近する可能性もあるとして注意を呼び掛けた。

気象庁は日本の周辺海域を10区画に分けて観測している。8月の平均海面水温は沖縄の東で30.7度で、平年より2.1度高かった。四国・東海沖は29.8度、関東南東方は29.3度で、平年をそれぞれ1.7度と1.6度上回った。

太平洋高気圧の勢力が強いため日本の南海上で日差しが強かったことや、海上の風が弱く海水がかき混ぜられにくかったことが、水温上昇につながったと考えられるという。

日本付近まで海面水温が30度近くあるため、台風が列島に近づいても勢力が衰えにくい可能性がある。

8月の平均海面水温図。青枠が関東南東方、緑が四国・東海沖、黄色が沖縄の東(気象庁提供)8月の平均海面水温図。青枠が関東南東方、緑が四国・東海沖、黄色が沖縄の東(気象庁提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 気象 社会 日本