8月百貨店売上高、最大3割減=コロナの影響続く―大手4社

経済・ビジネス

百貨店大手4社が1日発表した8月の既存店売上高(速報)は、前年同月比で最大3割減となった。新型コロナウイルスの感染拡大や猛暑による外出自粛が広がり、売り上げの大きい東京や大阪など都市部の店舗を中心に苦戦が続いた。そごう・西武は閉店セールの効果で下げ幅が大きく縮小した。

大丸と松坂屋を傘下に持つJ・フロントリテイリングは29.4%減、三越伊勢丹ホールディングスは23.4%減で、マイナス幅が7月から拡大。訪日外国人消費も見込めず、大丸心斎橋店や三越銀座店など、旗艦店の低迷が長引いている。

高島屋は18.2%減、そごう・西武は8.8%減で、7月から減少幅が縮小。そごう・西武は、8月末に営業を終了したそごう西神店(神戸市)など4店舗の閉店セールにより「10%ほど売り上げが押し上げられた」(広報)が、効果は一時的だ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 経営一般 その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本