菅氏出馬、今夕表明へ=8日告示、14日投開票―自民総裁選

政治・外交

安倍晋三首相の後継を決める自民党総裁選で、菅義偉官房長官(71)は2日夕に記者会見し、立候補を表明する。党総裁選挙管理委員会(野田毅委員長)はこれに先立ち、「8日告示、14日投開票」の日程を決定した。事実上の次期首相を選ぶ短期決戦がスタートした。

菅氏は2日午前の定例記者会見で「きょう総裁選に向けての会見を行いたい。内容は会見の時にしっかりと申し上げたい」と述べた。

新総裁を選出する両院議員総会は14日午後2時から東京都内のホテルで開く。新総裁は16日召集の臨時国会で首相に指名され、新内閣を発足させる。

竹下派は2日午前の総会で、菅氏支持を決めた。これにより、党内7派閥のうち、岸田、石破両派を除く5派が、菅氏の支援に回る。菅氏を推す無派閥議員グループも含め、党所属国会議員394人(衆参両院議長を除く)の約7割を固めた計算だ。

二階派の河村建夫会長代行、石原派の坂本哲志事務総長らは2日、菅氏を衆院議員会館に訪ね、それぞれ派閥として支援する考えを伝えた。菅氏は「全力で頑張る。ありがたい。よろしくお願いします」と応じた。

出馬表明した岸田文雄政調会長(63)、石破茂元幹事長(63)は2日午前、フジテレビ番組に相次ぎ出演し、安倍政権の経済政策「アベノミクス」の修正を訴えた。

岸田氏は「意識的に分配を変えていく政策も加えなければならない」と格差是正に取り組む意向を表明。石破氏も「アベノミクスの影の部分をどうするかが、ポストアベノミクスでは重要だ」と語った。両氏とも劣勢をどう挽回するかが課題だ。

首相官邸に入る菅義偉官房長官(左から2人目)=2日午前、東京・永田町首相官邸に入る菅義偉官房長官(左から2人目)=2日午前、東京・永田町

自民党の総裁選挙管理委員会の会合に臨む二階俊博幹事長(左)と野田毅委員長=2日午前、東京・永田町の同党本部自民党の総裁選挙管理委員会の会合に臨む二階俊博幹事長(左)と野田毅委員長=2日午前、東京・永田町の同党本部

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 選挙 政局 政党 日本