中間貯蔵施設「新基準に適合」=審査書案を了承―規制委

経済・ビジネス 政治・外交

原子力規制委員会は2日、青森県むつ市に建設中の使用済み核燃料中間貯蔵施設について、操業開始に必要な新規制基準に「適合している」とする審査書案を了承した。一般からの意見募集などを経た後、正式決定の見込み。

同施設は、東京電力と日本原子力発電が全額出資する「リサイクル燃料貯蔵」(むつ市)が運営。2021年度の操業開始を目指している。

計画では、出資する2社の原発から出る使用済み核燃料のうち、同県六ケ所村で建設中の再処理工場などで処理する核燃料を搬入。金属製容器(キャスク)に詰め、最大5000トンを最長50年間保管・管理する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 原子力 資源エネルギー政策 日本 東北 青森県