「権力私物化」に共同責任=野党、菅氏追及へ―自民総裁選

政治・外交

自民党総裁選で優位に立つ菅義偉官房長官に対し、野党は2日、桜を見る会など「権力の私物化」が指摘された問題に安倍晋三首相とともに責任を負うとして、厳しく追及していく方針を示した。立憲民主党の安住淳国対委員長は記者団に「ずっと安倍内閣の中心にいた。森友・加計問題、公文書改ざん、桜を見る会でしっかり質疑をしていきたい」と語った。

共産党の穀田恵二国対委員長は記者会見で「安倍氏と共同責任は免れない。菅氏は疑惑にふたをする役割をしてきた」と指摘。社民党の福島瑞穂党首は「(私物化が)今後も続くのではないか。『安倍政治』の真打ち登場だ」と強調した。国民民主党の玉木雄一郎代表は「野党として向き合う構えをつくらないと手ごわい」と述べた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政党 日本