流行「7月末から下降続く」=新型コロナ、状況分析―厚労省助言組織

社会 暮らし 政治・外交

新型コロナウイルス感染症対策を助言する厚生労働省の専門家組織「アドバイザリーボード」の会合が2日、開かれた。全国の感染者数を発症日ごとに分析した結果、7月末をピークに「(流行は)緩やかな下降が続いている」との見解をまとめた。

1人の感染者が平均してうつす人数「実効再生産数」も分析。8月中旬時点で、東京、大阪、愛知各都府県で1を下回ったことが確認された。

8月31日までの1週間に全国で確認された累積感染者数は5209人。都道府県別では、東京1389人、愛知306人、大阪648人、福岡429人、沖縄232人で、いずれも24日時点より減った。ただ、専門家による今月1日時点の推定では、福岡県と沖縄県で緩やかな増加傾向が認められ、注意が必要という。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 日本