消費税減税に否定的=菅長官

政治・外交

菅義偉官房長官は3日の記者会見で、経済対策としての消費税減税に関し「昨年10%に(税率を)引き上げた際、約2兆円を幼児教育や大学の無償化に当てている。消費税は社会保障のために必要なものだ」と述べ、否定的な考えを示した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 マクロ経済政策 日本