北米で車台共有=コスト削減、提携強化―ホンダ・米GM

経済・ビジネス

ホンダと米ゼネラル・モーターズ(GM)は3日、北米市場で提携を強化すると発表した。プラットフォーム(車台)やエンジン、電気自動車(EV)の電動システムを共有する。生産・開発コストを削減し、インターネットに常時接続するコネクテッドカー(つながる車)などへの投資に振り向ける。

2021年初頭に、共有する車台などの共同開発を始めることを目指す。部品の共同調達も進める。ホンダとGMはこれまで、自動運転などでも協業してきた。今年4月には米国などで発売する新型EV2車種の共同開発で合意しており、対象を拡大する。ただ、資本提携の可能性に関しては否定している。

新型コロナウイルスの影響に加え、「100年に1度」とも言われる変革期を迎えた自動車業界では、電動化や自動運転など次世代技術で各社の提携が進んでいる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収 日本 米国