非常に強い台風10号北上=5~7日、沖縄・奄美や九州へ―気象庁「最大級の警戒」

社会

非常に強い台風10号は4日午前、日本列島の南海上をほぼ西へ進んだ。気象庁によると、今後北上して5日夜から6日に沖縄県・南大東島や鹿児島県・奄美大島に接近。7日にかけて特別警報級の勢力を維持したまま九州西方沖を北上するか、九州に接近、上陸する恐れがある。

気象庁は「暴風や高波、高潮、大雨に最大級の警戒が必要」と呼び掛けた。記者会見した中本能久予報課長は「4日までに台風への備えを終わらせてほしい」と強調。最新情報に基づき、風雨が強まる前に安全を確保するよう求めた。

4日未明から午前にかけては、青森、秋田、山形、和歌山各県で大雨となり、記録的短時間大雨情報が発表される所があった。山形県酒田市では午前6時10分ごろまでの1時間に93.5ミリの猛烈な雨が降った。

6日に予想される最大瞬間風速は沖縄と奄美が70~85メートルで、弱い建物が倒壊するレベル。九州南部では55~70メートル、九州北部30~40メートル、四国25~35メートル。海上は猛烈なしけとなり、波の高さは沖縄・奄美と九州南部、四国で9メートル超、九州北部と近畿、東海6~8メートル。

6日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、沖縄と奄美200~300ミリ、九州北部・南部と東海、関東甲信、東北50~100ミリ。その後、7日午前6時までの同雨量は奄美と九州南部400~600ミリ、四国300~400ミリ、沖縄と九州北部、東海200~300ミリ。土砂災害や河川の氾濫、低地の浸水が起きる恐れがある。

10号は4日午前9時、日本の南海上を時速15キロで西北西へ進んだ。中心気圧は925ヘクトパスカル、最大風速50メートル、最大瞬間風速70メートル。北東側220キロ以内と南西側165キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、北東側500キロ以内と南西側440キロ以内が風速15メートル以上の強風域。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 気象 社会 日本 九州 鹿児島県 沖縄