17年前の殺人、南アで男出頭=国際手配中、監禁容疑で逮捕―警視庁

社会

東京都奥多摩町の山中で2003年10月、元飲食店従業員古川信也さん=当時(26)=の切断遺体が見つかった事件で、警視庁高井戸署捜査本部は4日までに、古川さんら男性2人に対する逮捕監禁容疑で、国際手配していた紙谷惣容疑者(46)を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。

逃亡先の南アフリカで出頭し、3日に帰国していた。捜査本部は紙谷容疑者を殺人容疑などでも手配しており、古川さん殺害に関与したとみて調べる。

捜査本部によると、紙谷容疑者は8月下旬、南アの日本大使館に出頭した。事件への関与を認め、「金がなくて苦しいから日本に帰りたい」と話したという。捜査本部は指紋から同容疑者本人と確認。帰国後、PCR検査で新型コロナウイルスに感染していないことを確認し、逮捕した。

事件をめぐっては、これまでに元マージャン店店長の男らが殺人容疑などで逮捕され、実刑判決を受けたほか、リーダー格とみられる松井知行容疑者(48)が同容疑などで国際手配されている。捜査本部は、松井容疑者も南アへ逃亡したとみており、所在について紙谷容疑者から話を聴く方針。

紙谷容疑者の逮捕容疑は03年9月17日、千葉県市川市のレストラン駐車場で古川さんら男性2人を車に拉致し、埼玉県戸田市内のマンションなどに監禁した疑い。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 日本 東京都