合流新党、149人参加=国民22人加わらず

政治・外交

立憲民主、国民民主両党と無所属2グループは4日、合流新党の参加者を発表した。国民民主(62人)からの40人を含め、衆院106、参院43の計149人となった。国民の22人は加わらないが、2017年に分裂した旧民進党と同規模の野党第1党として、政権交代を目指す。

合流新党に参加するのは、立憲所属89人(衆院56、参院33)のうち、須藤元気参院議員を除く88人。国民からは、平野博文幹事長や泉健太政調会長ら40人。玉木雄一郎代表らと民間労組系議員9人は見送った。

野田佳彦前首相と岡田克也元外相をそれぞれ中心とする無所属2グループからは計18人が加わる。これ以外の無所属議員では、郡司彰前参院副議長ら3人が入党する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国会 政党 日本