待機児童、最少1万2439人=目標「ゼロ」厳しく―厚労省

社会 暮らし

厚生労働省は4日、認可保育所などに入所できない待機児童数が、2020年4月1日時点で1万2439人だったと発表した。昨年同時点から4333人減少し、1994年の調査開始以降最少となった。ただ、政府が今年度末を目標としている待機児童ゼロ達成は厳しい状況。厚労省は「待機児童が多い自治体への働き掛けを通し、目標を達成する姿勢は変わらない」としている。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う影響について、同省は「一時的な利用控えはあったが、保育の需要は戻ってきつつある」と説明。保育施設の整備などを予定通り進める考えだ。

女性の就業率は上昇を続け、4月時点の保育所の申込者数は284万2000人と過去最高となった。保育の受け皿は313万5000人分で、政府は今年度末までに約324万7000人分に増やす考え。21年度予算に保育所や保育士の確保財源を盛り込む方針だ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 日本 東北 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 さいたま市 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 甲信越 北陸 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 東海 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 中国 鳥取県 島根県 岡山県 岡山市 広島県 山口県 四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 九州 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 宮崎県 鹿児島県 沖縄