大型台風10号、沖縄近海北上=7日にかけ奄美や九州接近―特別警報級、安全確保を

社会

大型で非常に強い台風10号は5日午前、沖縄県・南大東島の南海上を北西へ進んだ。猛烈な勢力に発達して6日未明に南大東島、6日午後に奄美大島に接近。7日午前にかけ、特別警報級の勢力を維持したまま九州の西部に接近、上陸して縦断するか、西岸近くを朝鮮半島に向かって北上する見込み。

気象庁の杉本悟史主任予報官は「進路予想の範囲が狭くなり、重大な災害が起きる確度が高くなった」と説明。記録的な暴風や高波、高潮のほか、大雨による土砂災害、河川の氾濫、浸水に最大級の警戒をするよう呼び掛けた。風雨が強まる前に、早めの避難、安全確保が必要という。

10号は5日午前11時、南大東島の南南東約190キロの海上を時速15キロで北西へ進んだ。中心気圧は920ヘクトパスカル、最大風速50メートル、最大瞬間風速70メートル。東側280キロ以内と西側220キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、東側600キロ以内と西側440キロ以内が風速15メートル以上の強風域。

6日にかけて予想される最大瞬間風速は沖縄と奄美が80メートルで、弱い建物が倒壊するレベル。九州南部は65メートル、九州北部35メートル、四国30メートル。海上はうねりを伴う猛烈なしけになり、波の高さは沖縄・奄美と九州南部14メートル、九州北部と四国9メートル、近畿と東海6メートル。

6日正午までの24時間予想雨量は多い所で、沖縄300ミリ、奄美150ミリ、九州南部と関東甲信100ミリ、九州北部と近畿、東海80ミリ。

その後、7日正午までの24時間予想雨量は、九州南部400~600ミリ、九州北部と四国300~500ミリ、奄美と東海300~400ミリ、近畿200~300ミリ、沖縄と関東甲信100~150ミリ、中国50~100ミリ。8日正午までの同雨量は、東海300~500ミリ、四国と関東甲信200~300ミリ、九州北部と中国、近畿100~200ミリ、九州南部100~150ミリ。

台風10号の接近に備え、漁船をロープでつなぐ漁師=5日午前、鹿児島県枕崎市台風10号の接近に備え、漁船をロープでつなぐ漁師=5日午前、鹿児島県枕崎市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 気象 社会 日本 沖縄