安倍首相、ミサイル防衛で談話検討=退陣前に方向性

政治・外交

安倍晋三首相が16日の退陣前に談話を発表し、弾道ミサイル防衛に関する新たな見解を打ち出す方向で検討していることが分かった。複数の政府関係者が5日、明らかにした。自民党が他国領域内への攻撃能力保有を主張しているのに対し、公明党内には慎重論が根強く、談話がどこまで踏み込んだ内容になるかが焦点だ。

首相は8月28日、持病の悪化を理由に辞任する意向を表明。その際の記者会見でミサイル防衛の新たな方針について「速やかに与党調整に入り、具体化を進める」と述べていた。

関係者によると、首相は新たな安全保障戦略について、年内に結論を出すことに強い意欲を示している。自民党が主張する事実上の敵基地攻撃能力保有を認めるかどうかは次期政権に判断を委ねるものの、退陣前に一定の方向性を示すことで結論の棚上げを阻止する狙いとみられる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 安保・防衛(政治面) 日本