地方重視、国の役割見直し=自民総裁選でTV討論―岸田・石破氏

政治・外交

自民党総裁選(8日告示、14日投開票)に立候補する岸田文雄政調会長(63)と石破茂元幹事長(63)は6日、NHKの討論番組に出演した。ともに地方重視の姿勢を示し、国と地方の役割を見直す必要性を訴えた。

岸田氏は先端技術を活用して地方の活力を引き出す「デジタル田園都市国家構想」を改めて提唱。「こうした地方のありようをつくった上で国と地方の役割分担を考えていく。これが順番として必要だ」と強調した。

石破氏は「地域の資源を最大限どう生かすかは地域の方がよく知っている」と指摘。「地域の首長は地域が選ぶ。その責任の下に地方に多くのものを委ねるべきだ」と述べ、権限や財源の一層の移譲を主張した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 選挙 政党 日本