泉、枝野氏が一騎打ち=合流新党代表選が告示

政治・外交

立憲民主、国民民主両党などによる合流新党の代表選が7日告示された。国民の泉健太政調会長(46)と立憲の枝野幸男代表(56)の順で立候補を届け出て、一騎打ちの構図が確定した。立憲や無所属の議員の支持を得て優位に立つ枝野氏が、求心力の維持につながる得票を確保できるかが焦点。10日に投開票される。

届け出後、泉氏は記者団に「提案型野党を訴える。新型コロナウイルス対策、消費税を軸とした経済対策を争点にしたい」と表明。枝野氏は「国民のリアルな暮らしを直視し、政権の選択肢となり政治に緊張感を取り戻す」と意気込みを示した。

両氏は午後にそろって記者会見。泉氏は「消費税ゼロ」を主張し、枝野氏は「新自由主義経済からの転換」を訴えた。同時に行われる党名選挙では、泉氏が「民主党」、枝野氏が「立憲民主党」を掲げている。党名は両氏の提案したもの以外にも自由に投票できる。

合流新党の代表選に立候補を届け出後、記者団の質問に答える国民民主党の泉健太政調会長=7日午前、参院議員会館合流新党の代表選に立候補を届け出後、記者団の質問に答える国民民主党の泉健太政調会長=7日午前、参院議員会館

合流新党の代表選が告示され、立候補の届け出を終えて記者団の質問に答える立憲民主党の枝野幸男代表=7日午前、衆院議員会館合流新党の代表選が告示され、立候補の届け出を終えて記者団の質問に答える立憲民主党の枝野幸男代表=7日午前、衆院議員会館

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政党 日本