岩佐幹三さん死去=被団協元代表委員、91歳

社会

日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)顧問で、代表委員を務めた広島の被爆者、岩佐幹三(いわさ・みきそう)さんが7日午前3時19分、膵臓(すいぞう)がんのため、千葉県船橋市の自宅で死去した。91歳だった。福岡県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は長男憲明(のりあき)さん。

16歳の時、爆心地から約1.2キロの広島市中区富士見町の自宅で被爆。家の下敷きとなった母親は目の前で焼死し、爆心地近くにいた妹は遺体も見つからなかった。父親は既に病死しており、原爆孤児となった。

叔母の支えで名古屋大を卒業し、1953年から金沢大法学部の教官に。米国の水爆実験で「第五福竜丸」が被ばくした54年、金沢市で目にした反核を訴える漁師の演説に触発され、被爆者運動に携わるようになった。

60年に石川県原爆被災者友の会を設立し、会長に就任。2000年に日本被団協の事務局次長、11年に代表委員へ就任し、オバマ米大統領(当時)の広島訪問にも立ち会った。

岩佐幹三さん岩佐幹三さん

原爆死没者慰霊碑への献花に向かう安倍晋三首相(手前右)と米国のオバマ大統領(同左・当時)を見詰める日本原水爆被害者団体協議会の岩佐幹三さん(左から3人目)=2016年5月27日、広島市中区の平和記念公園原爆死没者慰霊碑への献花に向かう安倍晋三首相(手前右)と米国のオバマ大統領(同左・当時)を見詰める日本原水爆被害者団体協議会の岩佐幹三さん(左から3人目)=2016年5月27日、広島市中区の平和記念公園

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 訃報 社会 社会一般 日本 千葉県 九州 福岡県