菅氏「安倍政治を発展」=岸田、石破氏が挑む―自民総裁選告示、14日投開票

政治・外交

自民党総裁選が8日告示され、石破茂元幹事長(63)、菅義偉官房長官(71)、岸田文雄政調会長(63)が立候補した。安倍晋三首相の後継を14日に選出する。菅氏が党内7派閥のうち5派閥の支援を受けて先行、岸田、石破両氏が追い掛ける。7年8カ月に及ぶ長期政権で内閣の要を担った菅氏は「安倍政治」の継承と発展を表明。新型コロナウイルス対応や経済、外交など重要政策をめぐる論戦が始まった。

3候補は8日午後、党本部で所見発表演説会と共同記者会見に臨んだ。菅氏は「安倍首相が進めてきた政治を継承し、発展させる」と明言。新型コロナ収束を最優先課題に挙げ、「国民の命と健康を守る。社会・経済活動の両立を図る」と語った。任期満了まで1年余りとなった衆院解散の判断も「コロナの状況が大きく影響する」と語った。

首相に就任した場合の閣僚人事については「適材適所だ」とした上で、改革意欲や専門分野を有する人材を優先的に起用する考えを示した。

憲法改正にも言及し「党は既に4項目のたたき台を提示している。憲法審査会で各党が考え方を示した上で、与野党の枠を超えて建設的な議論を行っていくべきだ」と意欲を表明。デジタル化の遅れについて「複数の役所に分かれている政策を強力に進める体制として『デジタル庁』を新設したい」と訴えた。

岸田氏は安倍政権で外相と政調会長を務めたことに触れ、「チーム安倍の一員として仕事ができたことを誇りに思う」と強調。「安倍首相の残した成果を土台として次の時代を考えていかなければいけない」と述べた。

石破氏は、公職選挙法違反の罪に問われた河井案里参院議員の陣営に党本部が1億5000万円を振り込んだことを念頭に、「国民から政党助成金を頂いている。党の金をどのように使ったのか、国民にきちんと示す(べきだ)」と語った。

投開票は14日の両院議員総会で行われ、3候補は国会議員票(394票)と47都道府県連による地方票(141票)の計535票を争う。地方票は、北海道、秋田、新潟を除く44都府県連が党員らによる予備選で投票先を決める。

新総裁は16日召集の臨時国会で首相に指名され、同日中に新内閣を発足させる。党役員・閣僚人事にどう臨むかや、衆院解散・総選挙にいつ踏み切るかが焦点となる。

自民党総裁選の共同記者会見に臨む(左から)岸田文雄政調会長、菅義偉官房長官、石破茂元幹事長=8日午後、東京・永田町の同党本部自民党総裁選の共同記者会見に臨む(左から)岸田文雄政調会長、菅義偉官房長官、石破茂元幹事長=8日午後、東京・永田町の同党本部

自民党総裁選が告示され、所見発表演説する菅義偉官房長官=8日午後、東京・永田町の同党本部自民党総裁選が告示され、所見発表演説する菅義偉官房長官=8日午後、東京・永田町の同党本部

自民党総裁選が告示され、所見発表演説する石破茂元幹事長=8日午後、東京・永田町の同党本部自民党総裁選が告示され、所見発表演説する石破茂元幹事長=8日午後、東京・永田町の同党本部

自民党総裁選が告示され、所見発表演説する岸田文雄政調会長=8日午後、東京・永田町の同党本部自民党総裁選が告示され、所見発表演説する岸田文雄政調会長=8日午後、東京・永田町の同党本部

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政党 日本