東京五輪「来夏開催へ全力」=安全な開催強調―IOC

スポーツ

【ロンドン時事】国際オリンピック委員会(IOC)は8日、新型コロナウイルスの影響で来夏に開催が延期された東京五輪について「来年7月23日の開幕に向けて全力で取り組んでおり、それ以外は単なる臆測にすぎない」との声明を出し、従来の立場を改めて示した。IOCのコーツ副会長が「感染状況にかかわらず大会は来夏開催される」と発言したことを受けた時事通信の取材に、文書で回答した。

IOCは大規模イベントの開催について、世界保健機関(WHO)によるリスク管理の方針に従うとし、「関係者全員にとって安全な環境下でのみ五輪を実施するという原則を守る」と強調した。

IOCは9日にオンライン形式の理事会を開き、東京五輪の準備状況について調整委員長を兼ねるコーツ氏が報告する。理事会後にバッハ会長が電話記者会見に臨む。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの スポーツ 日本