中国人船長釈放は菅元首相指示=前原元外相が証言

政治・外交

旧民主党政権下の2010年9月に沖縄県尖閣諸島沖で起きた海上保安庁巡視船への中国漁船衝突事件について、国民民主党の前原誠司元外相は8日、当時の菅直人首相が公務執行妨害で逮捕した中国人船長の釈放を指示したと証言した。

前原氏によると、菅氏は同年9月18日、国連総会に向けた首相公邸での訪米勉強会の席上、前原氏ら外務省幹部に対し、「中国に船長を返せ」と発言した。11月に横浜市でのアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議を控えており「(菅氏は)俺のAPECを台無しにするのかという感じだった」と振り返った。

この後、前原氏は仙谷由人官房長官(当時)に「首相の意向」を伝え、那覇地検は船長を処分保留で釈放。政府は当時「(釈放は)検察独自の判断」「政治介入は一切なかった」と説明していた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 外交 中国 日本