来年の広島訪問に意欲=「世界は被爆者に借り」―国連総長

政治・外交

【ニューヨーク時事】グテレス国連事務総長は9日、オンラインで日本メディアと会見し、「来年広島を訪問できることを望む」と意欲を示した。グテレス氏は原爆投下から75年の今年8月に広島の平和記念式典出席を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大を受け、見送っていた。

グテレス氏は過去の被爆者との面会で「道徳や勇気に深く感銘を受けた」と表明。「世界は彼らに借りがある。軍縮に向けてより効果的に取り組まなければならない」と強調した。国連事務総長としては、2010年に当時の潘基文事務総長が広島の平和記念式典に初めて出席。グテレス氏は18年に事務総長として初めて長崎の平和祈念式典に出席した。

国連のグテレス事務総長=2月4日、ニューヨーク(AFP時事)国連のグテレス事務総長=2月4日、ニューヨーク(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 日本