ボーガン規制、有識者検討へ=兵庫の殺傷事件受け―10年で32件検挙・警察庁

社会

兵庫県宝塚市で6月、4人がボーガンで殺傷された事件を受け、警察庁は10日、ボーガンの所持などに対する規制の在り方を議論する有識者検討会を開催することを決めた。23日に初会合を開き、計4回程度の開催を経て年末までに報告書をまとめる予定という。

ボーガン関連の警察の検挙事案は10年間で32件あった。ただ、所持は銃刀法など現行法で規制されておらず、23県(8月末現在)が青少年育成条例などで18歳未満への販売を禁止するといった対策にとどまっている。警察庁は報告書を踏まえ、規制強化の場合は法改正などを検討する。

警察庁によると、2010年1月~20年6月に全国の警察がボーガンの使用などに関連して検挙した事件は、殺人など人に危害を加える事案が13件。脅迫や器物損壊などが10件で、動物を殺害するなどの動物愛護法違反や軽犯罪法違反などが9件だった。

兵庫県宝塚市の4人殺傷事件を受け、有識者により規制の在り方が議論されるボーガンの例(警察庁提供)兵庫県宝塚市の4人殺傷事件を受け、有識者により規制の在り方が議論されるボーガンの例(警察庁提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 警察・治安 社会 日本 兵庫県