日印、物品協定に署名=安全保障で連携強化

社会 政治・外交

政府は10日、自衛隊とインド軍の間で食料や弾薬を融通する物品役務相互提供協定(ACSA)に署名したと発表した。安倍晋三首相は同日、モディ首相と約30分間電話会談。両首脳はACSA署名を歓迎した。日印間の安全保障面での連携強化が狙い。

インドは日本と中東などを結ぶシーレーン(海上交通路)のほぼ中央に位置しており、「自由で開かれたインド太平洋」構想の実現を後押しするとともに、民主主義などの価値観を共有するインドとの協力関係を深めることを目指す。南シナ海への海洋進出を強める中国をけん制する狙いもあるとみられる。

署名は9日、インド・ニューデリーで行われた。日本は既に米国、英国、オーストラリア、フランス、カナダとACSAを締結している。

電話会談で、安倍氏は「両首脳がインド太平洋ビジョンを実施に移し、両国間の特別戦略的グローバルパートナーシップをさらなる高みに引き上げることができた」と強調。任期途中で首相を辞任することを説明した。インド外務省の声明によると、モディ氏は「安倍首相の個人的献身とリーダーシップにより、日印関係は大いに強化された」とねぎらいの言葉を掛けた。

両首脳はまた、高速鉄道事業をはじめとした経済協力を着実に進めることも確認した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 軍・自衛隊(社会面) 社会 政府・内閣 経済協力 安保・防衛(政治面) 外交 オーストラリア 中国 フランス インド 日本 米国