観客、収容人員50%まで引き上げ=政府の入場者数制限緩和受け―プロ野球

スポーツ

日本野球機構(NPB)は12日、オンラインによる臨時実行委員会を開き、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会で示された大規模イベントの入場者数制限の段階的緩和方針に基づき、プロ野球は現在5000人としている観客の上限を19日の試合から各球場の収容人数の50%以内まで引き上げることを決めた。各球団は所在地の自治体などと協議しながら、上限へ向けて段階的に増やしていく予定。

NPBとサッカーJリーグは8日に連名で「2万人または収容人員の50%までの少ない方」とするよう求める要望書を西村康稔経済再生担当相に提出していた。政府の新たな方針に従うと、収容人員が4万人以上の球場は2万人以上を入れることが可能となる。

斉藤惇プロ野球コミッショナーは「残り半分を切ったペナントレースを1人でも多くのファンの皆さまに楽しんでいただきたい。われわれの取り組みが来年に控えている東京五輪、パラリンピックの運営に少しでも寄与し、そのほかのスポーツイベントなどの開催指針となれば幸い」とコメントを出した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース プロ野球 スポーツ 日本