俳優芦名星さん自殺か=自宅マンションで―東京

社会 文化

俳優の芦名星さん(36)が14日、東京都内の自宅マンションで死亡しているのが見つかった。捜査関係者や所属事務所への取材で分かった。警視庁は自殺とみて、死因を調べている。

捜査関係者などによると、別居の親族が同日午前6時半ごろ、芦名さんのマンションを訪れ、首をつった状態の芦名さんを発見。その場で死亡が確認された。

これまで遺書は見つかっておらず、トラブルなども確認されていないという。親族は芦名さんと連絡が取れなくなったため、マンションを訪れていた。

所属事務所によると、芦名さんはドラマや映画を中心に活躍。日本では2008年に公開された日本とカナダなどの合作映画「シルク/SILK」(フランソワ・ジラール監督)で日本人ヒロインに抜てきされ、注目された。

主な出演ドラマとして、NHK大河ドラマ「八重の桜」、「ブラッディ・マンデイ」シリーズ、「相棒」シリーズ、「テセウスの船」、映画では「七瀬ふたたび The Movie」「鴨川ホルモー」などがある。

芦名星さん芦名星さん

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 芸能 文化 日本