100歳以上8万人超え=9000人増、女性9割―厚労省

社会 暮らし 政治・外交

厚生労働省は15日、全国の100歳以上の高齢者が同日時点で8万450人に上り、初めて8万人を超えたと発表した。21日の「敬老の日」を控え、住民基本台帳に基づく集計で、昨年より9176人多く、50年連続で過去最多を更新。女性が7万975人(88.2%)を占めた。

100歳以上の高齢者は、統計を取り始めた1963年には全国で153人だったが、81年に1000人、98年に1万人を突破し、2012年には5万人を超えた。前年比増加数はこれまで最大4000人ほどだったが、厚労省の担当者は今年の大幅な増加について、「1920年の出生数がその前後と比べ、突出して多いことが考えられる」と分析している。

人口10万人当たりの100歳以上の高齢者は63.76人。都道府県別では、島根が127.60人で8年連続の首位となり、次いで高知(119.77人)、鳥取(109.89人)の順に多かった。最少は31年連続で埼玉(40.01人)となり、愛知(41.79人)、千葉(45.98人)が続いた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 日本 東北 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 甲信越 北陸 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 東海 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 奈良市 和歌山県 中国 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 九州 福岡県 福岡市 佐賀県 長崎県 熊本県 宮崎県 鹿児島県 沖縄