はやぶさ2、次の探査先決定=高速自転小惑星へ、11年の旅―JAXA

科学 社会 技術

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は15日、探査機「はやぶさ2」が小惑星「りゅうぐう」で採取した砂が入ったとみられるカプセルを地球に帰還させた後の新たな探査先として、小惑星「1998KY26」に向かうことが決まったと発表した。途中、別の小惑星の近くを通過しながら観測するなどし、2031年7月の到着を目指す。

1998KY26は地球と火星の間を回る小惑星。直径約30メートルとりゅうぐう(同900メートル)よりはるかに小さく、自転周期も約10分と、りゅうぐう(約7時間)より高速で自転している。

JAXAによると、直径100メートル以下の天体への接近観測は世界初。りゅうぐうとの比較で新たな知見が得られるほか、地球に衝突する恐れのある天体の構造解明にも役立つという。

はやぶさ2の新たな探査先に決まった小惑星「1998KY26」とはやぶさ2の大きさ比較(米オーバーン大、JAXA提供)はやぶさ2の新たな探査先に決まった小惑星「1998KY26」とはやぶさ2の大きさ比較(米オーバーン大、JAXA提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 科学技術(理系的) 科学 技術 社会 宇宙 日本