岸部四郎さん死去、71歳=ザ・タイガース元メンバー、司会者としても活躍

社会 文化

グループサウンズ「ザ・タイガース」の元メンバーで俳優やワイドショーの司会者としても活躍した岸部四郎(きしべ・しろう)さんが8月28日午前4時33分、拡張型心筋症による急性心不全のため千葉県内の病院で死去した。71歳だった。京都市出身。タイガースの元メンバーで俳優の岸部一徳(きしべ・いっとく)さんは実兄。葬儀は家族のみで済ませた。

中学卒業後、上京して就職。その後、さまざまな活動を経て1969年、兄の一徳さんが所属していたタイガースに加入、ギターやタンバリンなどを担当した。タイガースの解散後はタレントとなり「西遊記」(日本テレビ系、78年)ほか数々のテレビドラマや映画で個性的な脇役として活躍したほか、軽妙なトークを生かし84年から日テレ系のワイドショー「ルックルックこんにちは」で司会者を13年以上務めた。

2003年に脳内出血で入院。その後もパーキンソン病などの治療を続けていた。13年にタイガースが再結成された際は全国ツアーのステージに登場した。

1981年に再結成したザ・タイガースのシングル「十年ロマンス」(同年)のジャケット。中央が岸部四郎さん(ユニバーサルミュージック提供)1981年に再結成したザ・タイガースのシングル「十年ロマンス」(同年)のジャケット。中央が岸部四郎さん(ユニバーサルミュージック提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 芸能 文化 社会 訃報 日本 京都府 京都市