金融庁、安全対策の強化要請=「不十分」なら入金停止―不正出金受け

政治・外交

金融庁は15日、電子決済サービス「ドコモ口座」を通じ預金の不正出金が相次いだことを受け、決済事業者と金融機関に対し本人確認などの安全対策の強化を要請した。本人の認証手続きなどが不十分な場合は、銀行口座からのチャージ(入金)を一時停止するよう求めた。

安全対策では、本人認証手続きなどで脆弱(ぜいじゃく)性がないかを確認した上で、問題がある場合には金融庁への連絡を要請。安全対策を強化するまでの間の入金停止を求めた。また、電子決済サービスをめぐる被害状況の調査や、顧客からの相談に対する迅速な対応も求めた。

電子決済サービスを通じた不正出金をめぐっては、NTTドコモのほか、ソフトバンク系の大手「PayPay(ペイペイ)」や新興企業のKyash(キャッシュ、東京)でも発覚するなど、影響が拡大している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 金融政策 日本