専門家「急速な拡大危惧」=新型コロナ感染者増加に転じる―東京都

政治・外交 暮らし

東京都は17日、専門家を交えた新型コロナウイルスのモニタリング(監視)会議を開いた。減少傾向だった新規感染者数が増加に転じ、専門家は「さらに増加傾向が続くと、急速に感染拡大することが強く危惧される状況にある」と分析した。

都内の新規感染者数(7日間平均)は8月上旬をピークに緩やかな減少が続き、9月7、8日時点では両日とも147.4人となったが、16日時点では181.3人に増えた。小池百合子知事はマスク着用や換気など基本的な感染防止対策の徹底を求めた上で、19日から始まる4連休に触れ「少しでも体調が優れない人は外出を控えていただきたい」と呼び掛けた。

東京都の新型コロナウイルスのモニタリング会議に出席した小池百合子知事=17日午後、都庁東京都の新型コロナウイルスのモニタリング会議に出席した小池百合子知事=17日午後、都庁

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 行政一般(政治欄向け) (社会)保健衛生医療・社会保障行政 暮らし 日本