企業の国際仲裁、制度見直し=上川法相、法改正を諮問

政治・外交

上川陽子法相は17日の法制審議会(法相の諮問機関)総会で、国際的な企業間の紛争解決に用いられる「仲裁」について、手続きの一部を見直す関連法改正を諮問した。当事者の一方が争いのある財物を勝手に処分できないよう、強制的に保全する仕組みを導入することなどが柱。仲裁制度の使い勝手を改善し、企業の積極活用を促す。

上川氏は法制審のあいさつで「国際的な紛争を解決する手段として仲裁の有用性が増してきているが、わが国の取扱件数は低調で仲裁を活性化させる必要がある」と述べた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 法務行政 日本