「縦割り110番」に4000件=河野行革相「処理力オーバー」

政治・外交

河野太郎行政改革担当相は18日、役所の規制などの弊害に関する意見を受け付けるため個人サイト内に設けていた「行政改革目安箱(縦割り110番)」を利用停止にしたと発表した。菅義偉首相の指示を受け17日に開設したが、18日未明までに4000件を超すメールが殺到し、わずか1日でいったん閉鎖することを決めた。再開時期は未定という。

河野氏は18日午後の記者会見で「正直100通くらい来るかなと思っていたら、夜中に3000になり、もう駄目だと思った」と説明。「ちょっと処理能力がオーバーしそうなので一時停止させてもらった」と語った。

寄せられたメールには「河野太郎、頑張れ」といった激励や個人的な悩み相談も含まれるが、「規制改革についての具体的な問題提起もあった」(河野氏)。19日からの連休中、河野氏自ら全てに目を通すという。

記者会見に臨む河野太郎行政改革担当相=18日午後、東京都千代田区記者会見に臨む河野太郎行政改革担当相=18日午後、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 行政一般(政治欄向け) 日本