菅首相、携帯値下げ指示=総務相「1割以上可能」―格安スマホと競争促進へ

政治・外交

菅義偉首相は18日、武田良太総務相と首相官邸で会い、携帯電話料金の引き下げを検討するよう指示した。武田氏は同日午後の閣議後記者会見で「1割以上の値下げが可能だ」と述べ、具体化を急ぐ考えを示した。携帯値下げは菅政権の目玉政策の一つ。民間各社は身構えるが、国際的に割高な日本の通信料金の見直しにつながりそうだ。

首相指示を受け、通信行政を所管する総務省は有識者会議などで事業者や利用者の意見を聞きながら、NTTドコモをはじめ大手携帯電話会社と格安スマートフォン会社間の競争促進策を検討する見通し。武田氏は「利用者が納得し、安心して安く利用できる環境づくりも重要だ」と強調した。

菅義偉首相との面会後、記者団の質問に答える武田良太総務相(中央)=18日午前、首相官邸菅義偉首相との面会後、記者団の質問に答える武田良太総務相(中央)=18日午前、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 電気通信政策 日本