安倍前首相が靖国参拝=7年ぶり、退任「英霊に報告」

政治・外交

自民党の安倍晋三前首相は19日、東京・九段北の靖国神社を同日参拝したことを自身のツイッターで明らかにした。モーニング姿で昇殿して参拝する写真を添え、「16日に首相を退任したことをご英霊にご報告致しました」と午前中に投稿した。安倍氏の靖国参拝は首相在任時の2013年12月以来。

安倍氏は第1次政権で参拝を見送ったことを「痛恨の極み」とし、第2次政権発足からちょうど1年の節目となった13年12月26日に参拝。中国や韓国が猛反発し、当時のオバマ米政権も「失望」を表明した。

それ以降、安倍氏は外交上の配慮を優先させ、春と秋の例大祭に祭具の「真榊(まさかき)」を、8月の終戦記念日に合わせて玉串料を、それぞれ毎年納めるにとどめてきた。首相の座から降りたことを受け、封印してきた宿願を果たした形だ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 政党 日本 東京都